未分類

樋口久子・私が生きている間に優勝してくれて良かったなと